【一人暮らし】半年間暮らしてみて結局いらなかったモノ

はじめに

こんにちは!
今回は、僕が半年間一人暮らしをしてみて「これはほとんど使わなかったな…」というモノをいくつかご紹介します。はじめての一人暮らしで、何が必要なのかよくわからなかった当時、とりあえず親から渡されたものを持ってきたりもしました。しかし、いざ生活してみると押入れの奥底に眠ってしまう…なんてモノもあります。

ジャンルはバラバラですが、一人暮らしを始めようという方は参考にしてみてください。ではどうぞ!

ホットプレート

これは一度も使ってないですね…。ホットプレートで一人焼肉!なんて当時は考えたりもしましたが、普通にフライパンで焼いた方が後片付けも楽です。
誰か遊びに来た時に楽しめるかも…?という可能性もありますが、悲しいことに半年間で日の目を見ることはありませんでした。今は押入れの中の、キャリーケースの中に封印されています。

鍋つかみ

僕はそもそも大した料理をしないので、鍋つかみを使うまでもありませんでした。恐らく料理をしたとして、「タオルでいいや」となるのが目に見えています。

一時期スチームケースにハマっていた時は、電子レンジから取り出す際にアツアツすぎて使ってたりもしましたが、いちいち付け外しするのが面倒ですぐに使うのをやめました。 これは「ご飯できたよ〜」と言いながら食卓に鍋を運ぶお母さん用の商品です。

料理酒

一人暮らしを始める前は、「自炊をするぞ!」という謎のやる気に満ち溢れていたので、一通りの調味料を買い揃えました。しかし、料理素人の僕は料理酒とみりんの違いがよく分からず、全て「みりん」で代用するようになってしまいました。正直みりんを使う理由もよくわかっていませんが…。

他にもコンソメやオリーブオイルなどほとんど使わない調味料が台所に眠っています。

目覚まし時計

僕は社会人になるタイミングで一人暮らしを始めたので、目覚まし時計が必須アイテムになるだろうと思っていました。もともと朝に弱かったため、大学時代から使っていた爆音が出る目覚まし時計を持っていきました。

しかし、いざ働き始めると悲しいことに疲れて帰ってくるので、夜遅くまで起きていられない身体になってしまうのです。そのため、朝はスマホの目覚まし機能で十分になってしまい、目覚まし時計は不要となりました。
一応爆音が出る目覚まし時計のリンクを貼っておきます。

ラグマット

部屋を明るくするために、緑色の円形のラグマットを購入しました。しかし、いざ届いて部屋に置いてみると「なんか違う…」としっくりこず、その日のうちに押入れに敷くことにしました。たった1日で2軍行きに決定です。

そもそも僕は、絨毯も一度購入したものの捨てています。掃除が面倒ですし、何かこぼした時にシミが目立ってしまうので「い草」を敷いています。

アロマディフューザー

雑貨屋で「凄い良い香りがする…!」と感動し、部屋もオシャレになるかなと思ってアロマディフューザーの購入を決めました。
すると、思ったよりも音がうるさく香りも充満しなかったため、2回ほど使って実家に送りつけました。店で見た時と、いざ家に置いてみるのとでは結構ギャップがあるんですよね…。ただ、アロマや水を入れ替えるのが面倒なので、僕のようなサボり癖がある人にはそもそも向かないかな?と思います。

ちなみに実家に帰った時に、僕があげたアロマディフューザーを使っている様子はありませんでした。

学生時代の教材

大学時代の思い出の品として教材を持っていっても、確実に見返すことはありません。現役時ですら真面目に読んでいなかったので、社会人になって見返す訳がありませんでした。無駄に本棚を圧迫することになるので、実家に置いてさよならすることをオススメします。
僕の場合、まだ内定者だった時に会社から貰った資料とかもそのまま持ってきましたが、それすら半年間一度も見返すことはありませんでした。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ここまで読んでいただきありがとうございます!
一人暮らしを始めるようという方に、少しでもお役に立てると嬉しいです。また、僕自身半年間で使わなかったモノは捨ててもいいんじゃないかな?と思っています。捨てるのに躊躇してしまうなら実家に送るという手段もあります。快適に過ごすためにも、必要なモノといらないモノをしっかりと分別していくのも大切です。ではまた!

半年間一人暮らしをしていらなかったモノ
最新情報をチェックしよう!