【暇すぎても辛い】スーパーのレジ打ちあるある7選

はじめに

こんにちは! 元スーパー店員(バイト)のねぎしおです。
この記事ではスーパーでレジを3年続けた僕が、度々感じていた「レジ打ち」あるあるを7つ紹介します!

五千円札がすぐに枯渇

五千円札って本当にすぐに無くなるんですよね…。会計時に使う人も少ないので減っていく一方です。他のレジから貰おうと思っても大抵どこも枯渇していたり…。

残り5枚を切ってくると「一万円札を絶対に出すなよ」と心の中で圧をかけ、五千円札で支払ってくれる聖母を待ち続けます。

逆に20枚以上あって余裕のある時に限って五千円ラッシュが来ることもあります。なぜ…

商品の在庫があるか聞かれて困る

スーパーはレジ打ちと品出しが完全に分業されていることが多いです。何年働いていようが、商品の詳細や「在庫ある?」と聞かれても「さっぱり分かりません」となってしまいます。

とはいえ、分からないとは言えないのでとりあえず聞きに行くのですが、「早くしろオーラを出すお客さん」「マイペースに確認しにいく品出し」に挟まれ何とも言えない時間を過ごす羽目になります。

そして大抵在庫はありません。

暇すぎても辛い

レジはお客さんがいないとやることがありません。暇すぎると時間が全く進まず返って辛い思いをします。

とりあえずビニール袋をキュキュっとして棒状にすることで時間を潰します。(後で使いやすくするためです。)

あまりにもお客さんが少ない日は、これを作るのが本職で、ついでにレジをしてるといっても過言ではありません。

レジ応援ボタンは中々押せない

反対に、レジには混みすぎると他の従業員を呼び出せる応援ボタンが付いています。ただ、

内心面倒いと思ってるんだろうなぁ…と思うと混んでいても中々押せません。
「あと一人来たら押そう…いやでも量少なそうだからまだいけるか…」と一人で葛藤をします。

いざ限界が来て押しても、レジに慣れてない人が入ると「あれ?一人でやった方が早くね?」と思ったりもしますが、わざわざ応援に来てくれたのでそんな気持ちは押し殺します。

見慣れない商品券に焦る

「たまご券…?初めて見たぞ…」

普段見たことがない商品券が、よりにもよってレジが混んでいる時に出されると非常に焦ります。
また、5年以上も昔に発行された古いデザインの商品券を出されると「やっと使う気になったのか!一瞬何か分からなかったわ!」と心の中で焦りを露わにします。
ただ、期限が切れていたりして気まずくなってしまうこともあります。

会計後に客がレシートをガン見してて不安になる

レジをやっていて避けたいのが打ちミスです。「これ間違ってません?」とお客さんに言われるのを常に恐れています。
なので、会計後にお客さんがレシートをジッと見つめていると「あれ?ミスったかな…」と不安に駆られます。

しかし大抵何事もなくレシートを財布にしまいます。

「全くビビらせるなよ…」と不安のあまり念の為発行していた予備のレシートをそっとゴミ箱に捨て、再び業務に戻ります。

ハロウィンで辱めを受ける

ハロウィンの時期になると、魔王のツノ魔女の帽子といった仮装グッズを頭に付けてレジに立たされることがあります。
長らく付けていると案外慣れてしまいますが、最初はどうしても「うわぁ…」と抵抗感が出てしまいます。

ちなみに僕はハロウィン当日に「トリックオアトリート!!」とチャラめのカップルに絡まれたのをきっかけに、二度と10/31にシフトを入れることはなくなりました。

まとめ

レジでバイトをしていたら、一度は共感できる「あるある」なのではないでしょうか?
レジにひたすら立っていると、「あれ?この前もこのような光景あったような…」と同じ日々を繰り返しているような感覚になります。単純作業にはなりますが、たまに変わった出来事が起こるのも楽しみにして、良いレジ打ちライフを送ってください!

関連記事

はじめに この記事は、当ブログでも評判の良い「スーパーのレジ打ちあるある7選」の第2弾になります。 【暇すぎても辛い】スーパーのレジ打ちあるある7選 スーパーでレジ打ち経験のある方はもちろん、そうでない方も暇つぶしにぜ[…]

スーパーのレジ打ちあるある
関連記事

はじめに こんにちは! この記事は当ブログで好評の「スーパーのレジ打ちあるある7選」の第3弾になります。 第1弾・第2弾に続き、レジ打ち経験者なら思わず共感してしまう「あるある」から、少しマニアックなものまでご紹介します! […]

スーパーのレジ打ちあるある
スーパーのレジ打ちあるある
最新情報をチェックしよう!