【経験者が語る】弓道部あるある8選

はじめに

弓道は正直マイナーな競技で、経験者にしか分からないイメージとのギャップが多々あります。 高校時代に弓道部に所属していた僕も、当時未経験者だったために「へぇ〜知らなかった〜」と日々思いながら弓道に勤しんでいました。

そこで、今回はシンプルに見えて意外と奥深い「弓道」のあるあるを8つご紹介します!弓道部の方もそうでない方も、ぜひ読んでみてください。ではどうぞ!

弓道の基本ルール

本編の前に、弓道を全く知らない方のために基本ルールを簡単に解説します。

一般的に5人1組の団体戦で競います。1人につき矢を4本持っており、計20本のうち的中した矢の本数で勝敗が決まります。
的に中(あた)っていれば、中心でも端っこでも同じです。中心に近いほど高得点という訳ではありません。団体競技でありながら実は個人戦も兼ねているので、皆とにかく中てようと必死です。

ちなみに4本全て的中させることを「皆中」と言います。皆中すると敵味方関係なく拍手をするのが決まりです。大会で達成するとウキウキが止まりませんが、態度に出さないように取り繕います。

弓道部あるある8選

1. 下積みがとにかく長い

入部してすぐに弓を触れる!という訳ではありません。少しずつ射の形を覚えながら、長い下積みを経てやっと的前に立てます。その期間がとにかく長く、僕の場合弓に初めて触れたのが入部して3ヶ月後、的に向かって弓を引いたのは入部して半年後のことでした。

下手したら大事故につながる危険な競技でもありますし、当時も案外不満なく半年間を楽しんでいました。

2. 成績よりも射形第一

弓道は的に中てることよりも、整った射形で弓を引けるかが重要視されます。野球で例えるなら、スタメンを選ぶ際に打率よりもバッティングフォームを見て決めるような感じです。射形が整ってこそ成績が伴うものだと信じて、常に鏡の前で練習していました。

3. 弦が腕に当たって涙目に

的前に立ち始めた頃や、射形を改善している最中は稀に離した弦が腕に「バチッ!」と当たってしまうことがあります。あまりに酷いと痛さを通り越して痛みを感じないことも…。

cちなみに冬はさらに痛みが増します。顔を払った時は涙が流れます。そんな時は大人しく鏡の前で素引きをします。(素振りみたいなもんですね)

4. 皆中を目前にして4本目で外す

冒頭でも説明したように、弓道経験者なら皆中はいつまで経っても気持ちが良いものです。しかし、3本連続で的中している時のプレッシャーは尋常ではなく、緊張で「スカッ」と外してしまうこともしばしば。

友人から「チキったな笑」と確実にいじられます。一応3本は中てるんですけどね…。

5. 調子が悪い時は道具の手入れに勤しむ

射形も大きく変わっていないのに、何故か急に中らなくなりスランプに陥いることがあります。そうなると「よし、一旦弓から離れよう!」と決意しがちです。

弦を張り替えたり、矢を引っ掛ける「中仕掛け」を作り直したりして僅かな可能性にかけます。
たまに道具の手入れだけで的中するようになったりしますが、気持ちの問題だったのか次の日には成績は元どおりです。

6. 新品の的に中ると爽快

弓道の的は木枠に的紙を貼って作られています。的紙もボロボロになると、自分たちで貼り替えるのですが、張り詰めた新品の的に中てると「パンッッ!」と爽快な音が鳴ります

逆にボロボロになっても貼り替えないでいると、中ったのか中ってないのかよくわからない…なんてこともあります。

7. 初段の筆記テストが簡単すぎる

弓道にも昇段試験があり、高校生は基本初段を取ります。その初段の筆記テストがあまりにも簡単で、僕が受けた時は「射法八節」と「弓道をしていて得たもの」の2問だけでした。

「射法八節」って弓道をしていれば最初に覚える射術の基本ルールです。野球なら「ストライク」とか「ボール」とかを書き取りさせるようなレベルです。

実技も中らなくても問題ないですし、いつも通り弓を引けば合格できます。僕の時は150人くらい受けてて、落ちてたの3人だけでした

8. 何が楽しいの?と言われる

「弓道部です」と言うと、「何が楽しいの?」と思われることもあります。確かに、側から見たら弓をただ引いている姿は代わり映えなく、退屈そうに見えるかもしれません。

しかし、あれだけシンプルなルールなのに、寸分の狂いで調子が大きく左右される奥が深い競技なのです。それでいて、疑問に思ったことはすぐに実行に移せるのも弓道の良さです。気づけば3年間、あっという間に終わっていましたね…。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます!
今まさに弓道部で頑張っている方はもちろん、そうでない方にも弓道の魅力を知ってもらえれば嬉しいです。

ちなみに弓道は高校生でもほとんどが未経験からなので、初心者が活躍できる数少ないスポーツでもあります。運動が苦手でも問題ないので、ぜひ来年高校進学を控えている方は、部活選びに「弓道部」を検討してみてください!ではまた!

弓道部あるある8選
最新情報をチェックしよう!