初心者向けの「ジムに行きたくない…」を乗り越える5つの方法

はじめに


 

「運動不足を解消したい…!」
「ダイエットして痩せたい…!」

意を決してジムの会員になったは良いものの、次第に行かなくなり 気づけば会費だけを払い続けている…なんて方はいませんか?

入会した当初はやる気に満ち溢れていても、3ヶ月を過ぎると次第に通うペースが落ち、半年も経てば全く行かなくなってしまう…。

↑こんな感じで一時は退会を考えた私ですが、今では何とか週に3回はジムに通うことが出来ています。

そこで、今回は私の体験談をもとに「ジム初心者が行きたくない気持ちを乗り越える5つの方法」をご紹介します!

ジムに行くやる気が出ない方…必見です!

ジムに行く気が起きない理由は?

そもそも何故行く気力が無くなってしまうのでしょうか?

・面倒だから
・結果が出ないから
・外が暑い or 寒いから
・スマホに娯楽が詰まっているから
・何だか疲れているから

挙げればキリがないですが、今まで運動をする習慣が無かった人間からすると、ジムに行くまでには何枚もの厚い壁があります。

仕事中に「今日はジムに行く!」と決意していても、いざ家に帰ると限られた時間をゴロゴロして過ごしたくなるものです。

とはいえ、せっかくジムを契約したのに怠けてばかりいては勿体ない…!
これらの壁を何とか乗り越える、私なりの5つの方法を紹介します!

行動に移す5つの方法

鏡に映る自分の姿を見る


ジムに通い始めた人の多くは、見た目の変化にも期待していることと思います。

私自身、貧弱な身体を改善することが目的の一つになっているので、いざ鏡の前に立つと「何これ…?」と焦りを感じることができます

また、会費を払っているのにサボっている罪悪感が表情に出た、全く覇気のない顔を拝むだけでもジムに行くやる気を捻出することができます。

風呂だけでも行く


どうしても時間が無かったり、仕事終わりでトレーニングをする体力が残っていなかったら「風呂だけでも…!」という気持ちでジムに行くのもアリです。

ジムの風呂には大浴場やサウナが付いています。自宅の狭いユニットバスより、確実に気持ち良く一日を締めることが出来ます。

何も鍛えなかったことに後ろめたさを感じる必要はありません。何より、「ジムに足を運ぶ習慣」を身に付けることが大切なのです。

前日に準備を済ませる


ジムに到着さえすれば、後は器具を使ってトレーニングするだけです。着いてから「やっぱ帰ろ…」とはそれほど思いません。

やはり一番の山場は、「家を出ること」であると言っても過言ではありません。その重い一歩を踏み出すためには、前日から支度を済ませておくことが何よりも重要です。

ジムに行くか迷っている時に、「でも準備しなきゃ…」と思うと結構荷が重くなってしまいます。考えているうちに、スマホの誘惑に負けてしまうのです。

前日にジムに行く準備をしておけば、迷う前に一瞬で行動できます。帰宅してから1分以内に家を出るよう心がけましょう。

「雨の日はサボる」と決める


何事も無理は禁物です。会費を払っている分、毎日ジムに通って鍛えたい気持ちも分かりますが、頑張り過ぎる目標を立てても返って続かなくなります。

一日くらい行かなくても平気ですし、なんなら休息日を設けることも必要です。

また、「毎日行こう!」と決意しても、結局行けなかった際に罪悪感が生まれてしまいます。まずは「晴れた日だけでも…!」と、無理のないペースでいってみましょう。雨の日はそもそも憂鬱ですからね…。

計測はしない


体重や脂肪率など、目に見える数字はモチベーションにも繋がりますが、結果ばかり気にしていては長続きしません。

良い結果が出れば「多少サボっても大丈夫か…」となりますし、あまり変化が無ければ「今まで意味なかったんだ…」とジムに行かなくなる原因になります。

私自身、通い始めた当初は細かい数字を気にしていましたが、結果の良し悪し問わず計測後はこれらの理由でサボり気味になっていました。

実際に欲しいのは数字より見た目の変化なはずです。ジムに通う習慣が整うまでは、計測をしないのも方法の一つです。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。心身ともに健康な毎日を送るためにも、はじめの頃のやる気や目標を思い出して励んでいきましょう!

私自身、8ヶ月経ってもスタートラインからあまり進んでいませんが、それでも「今から始めた」つもりで行きます…!ではまた〜

ジムに行きたくない気持ちを乗り越える5つの方法
最新情報をチェックしよう!