一人暮らしでも簡単に野菜が取れる5つの方法

はじめに

一人暮らしをしていてよく悩まされるのが「野菜不足」です。実家にいた頃と比べ、気付けば野菜を全く食べない偏った食生活になりがちです。

僕自身、スーパーの惣菜や冷凍食品ばかり食べ続ける毎日を送っていたせいで、口内環境がズタボロになってしまった苦い経験があります。当時食べていた野菜といえば、弁当の隅っこに申し訳程度に入っているミニサラダくらいでした。

そこで、今回は心身ともに健康に過ごすために、一人暮らしでも簡単に野菜が取れる方法を5つ紹介します!僕のような自炊ができない人間でも気軽に始められる、初歩中の初歩をまとめました。ではどうぞ!

なぜ野菜を食べなくなるの?

そもそも野菜嫌いではないのに、一人暮らしを始めると自然と野菜から離れていく…。
その理由をいくつか考えてみると、

傷みやすい
調理が面倒
高い

大体こんな感じかなと思います。いざスーパーに行って「よし!今日はちゃんと野菜を買おう!」と決意しても、家に帰ってから調理する気にもなれず、いつの間にか傷んで結局食べることができない…。

そんな無駄遣いをするならインスタント食品を買っておこう!となってしまうのです。

何かとズボラになる一人暮らし生活で野菜を取るためには、圧倒的な「手軽さ」が必要です。

オススメ解消法5選

1. 冷凍野菜


業務スーパーでよく売られています。500gで200円前後と低価格で、しかも長持ちするので大変便利です。

中でも僕のオススメは「なす」です。すでに食べやすいサイズにカットされており、電子レンジで解凍してめんつゆをかけるだけでなすのおひたしの出来上がりです。

味も通常の野菜と大差なく、元々食にそこまでこだわりが無かった人なら十分満足できると思います。普通に美味しいです。

2. スチームケース


「冷凍野菜は安すぎてちょっと不安…」という方にはスチームケースをオススメします。少し値が張る商品ではありますが、それだけの価値がある便利商品です。

野菜やきのこを食べやすいサイズに切り、ケースに入れて適当に調味料を加えてチンするだけで簡単に一品完成してしまいます。

僕も最初使った時、あまりにも簡単に美味しい料理が出来てしまったので「自炊上達した?」と錯覚してしまったほどです。それくらい誰にでも扱えるものなので気になる方はチェックしてみてください。

3. カット野菜


「レンジでチンするのも面倒だ…」という方にはカット野菜もオススメです。実際に僕も昼休憩中は寝る時間を確保するため、レンジでチンする時間すら惜しい時があります。

そんな時にカット野菜があれば、皿に盛ってドレッシングをかけるだけであっという間にサラダの完成です。

100円で大体3食分くらいなので、割とお手頃価格です。ただ、味がシンプルで飽きやすいのが難点です。

4. 生野菜


野菜の中には切ったり火を通したりせずとも、そのまま食べられる優秀な野菜もあります。例えばトマトなんかは、洗ったらそのまま丸かじりできます。

余計な添加物が加わることもなく、栄養面も申し分ありません。他にはきゅうりくらいしか思い浮かびませんが、「最近野菜足りてないな…」と思ったらワイルドに丸かじりも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、トマトも4個入りとかで買ってしまうと、期限が近づくと気分でもないのに無理やりトマトを詰め込むことになってしまいます。

5. 野菜ジュース


飲むだけで野菜が取れるなんて一番楽で簡単だと思いませんか?僕も200mlサイズの野菜ジュースが好きでよく飲みます。

ただ、「あれって栄養ないらしいよ?」「かえって太るよ?」とか心ない意見もチラホラ見受けられます。

確かに根本はジュースなので、野菜ジュースを軸に野菜を摂取しようとするのはちょっと無理がありそうですね…。

とはいえ、実際は単純に味が好きで飲んでる人が多い気もします。飲み過ぎに注意して、弁当のついでに嗜む程度が良さそうですね。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます!野菜って案外簡単に食べられるものなんだなと思ってもらえれば嬉しいです。

今は偏った食生活をしていても平気かもしれませんが、そういった蓄積が病気となって返ってくるかもしれません。僕自身、毎日野菜を食べる習慣を早いうちに身につけたいところです。ではまた!

一人暮らしでも簡単に野菜が取れる5つの方法
最新情報をチェックしよう!