【新卒】仕事に疲れた社会人にオススメしたい名曲7選

はじめに 

皆さんは、日々の疲れを発散させるために何をしますか?定番のリラックス方法として「音楽を聴く」があります。僕自身何もしていないと考え込んでしまう癖があるので、そんな時によく好きな音楽を聴きます。

今年の4月から社会人一年目として仕事をしていますが、大学生の頃とは比較にならないプレッシャーに疲れてしまうこともあります。同じように、未だ慣れない環境に「もう仕事嫌だ…」と嘆く人も多いと思います。

そこで、今回は仕事に疲れた新卒社会人にオススメしたい名曲7選を紹介します。この記事を通して、新たな発見をしてもらえたら嬉しいです。ではどうぞ!

START / Every Little Thing

一曲目にちなんで、「START」という曲を紹介します。この曲は、テレビ東京系ソチオリンピックのテーマソングにもなった曲です。五輪のテーマソングといえば、壮大かつ躍動感ある曲が多いイメージですが、「START」は落ち着いた曲調で背中を押してくれます。
ELTは、代表曲でもある「Time goes by」を出した頃と声質が変わったと言われますが、今の柔らかな雰囲気あってこその名曲です。(こう言ってますが、僕は逆にデビュー当時を知りません。)

#収録アルバム「FUN-FARE」

BEAUTIFUL DREAMER / GLAY

朝、家を出る前に聴きたい曲です。「目覚めた朝に」から始まるサビの疾走感を聴いてしまえば、その日の主人公にでもなったかのような感覚を味わえます。
何となく「はぁ…今日も仕事か…」とため息をついて家を出るよりも、何か一つでもやる事を決めて仕事に向かおうと決意できます。

ちなみにPVもとてもカッコいいのでオススメです。PVには鷹が登場しますが、合成ではなくTERUさんはビビリながら撮影したそうです。

#収録アルバム「THE FRUSTRATED」

花-Mémento-Mori- / Mr.Children

疲れた時こそ、休むことの罪悪感や置いてかれることの危機感から頑張ろうとしてしまいませんか?僕も追い込まれた時こそ頑張らなきゃと思うのですが、そうすると性格上余計に疲れてしまうんですよね…。
そんな時に、「いや、今のままで踏ん張ろう…!」と思える曲です。周りの環境と違って自分自身は変えられるという風潮がありますが、自分だってすぐには変えられないですから。だって22年もこの性格ですよ?

ちなみに「Mémento-Mori」はメメントモリと読みます。ラテン語で「死を思う」という意味だそうです。高校時代、この響きの良さに惹かれたまま今も惹かれてます。

#収録アルバム「深海」

人間ってそんなものね/ KOKIA

「今の会社に入って、新卒だけど何だかんだ周りから良く見られたい…!」って正直思いませんか?評価されたいというよりも、嫌われたり面倒ごとに巻き込まれたくないという気持ちもあるかもしれません。

でも、そういう考えこそ自分に無理なプレッシャーをかけている気がします。僕がこんな感じなのですが、このタイプの方が聴くとグサグサと刺さると思います笑。冒頭から「あ…言われてるわ…」となる人はなります。僕はYouTubeにあったKOKIAさんのライブ映像を見て歌唱力の高さに驚き、結局全曲聴いてしまいました。

#収録アルバム「trip trip」

大迷惑/ ユニコーン

今までの曲とは趣向が違う、ユニコーンの「大迷惑」を紹介します。この曲は、結婚後マイホームを買った後に、単身赴任を命じられたサラリーマンがテーマになっています。実はユニコーンはそこまで詳しくないのですが、突如脳内に流れ出すことの多い癖のある曲です。仕事で些細な問題があった時に「この悲しみを〜」と頭の中で嘆きます。

まだ新卒の内は早いかもしれませんが、もし今後異動を命じられた時にはぜひ聴いてみてください。

#収録アルバム「服部」

traveling / 宇多田ヒカル

「もう一旦仕事のことは忘れたい!」と思った時にオススメしたい曲です。PVの世界観含め、現実世界を感じさせません。
「今日も疲れたけど、明日は休みだから仕事のことを考えるのはやめよう!」と切り替える時に、まさに金曜の仕事終わりにぜひ聴いてみてください。
個人的にサビの流れるようなメロディーが好きで、何回か繰り返し聴いてしまいがちです。

#収録アルバム「DEEP RIVER」

終わりなき旅/ Mr.Children

Mr.Childrenまさかの2曲目です。普通被らないようにするものですが、どうしても選べなかったので2曲入れてしまいました。僕自身、学生時代から何か大きなイベントがある度に、直前にこの「終わりなき旅」を聴いて自分を勇気付けていました。

中でも、2番の歌詞がお気に入りです。深く考えすぎる心配性で臆病な自分を励ましてくれるので、勝負事の前には自然と頭に流れるほど染み付いています。有名な曲ではありますが、ぜひ一度聞いてみてほしいです。

#収録アルバム「DISCOVERY」

おわりに

いかがでしたでしょうか?ここまで読んでいただきありがとうございます。
自分自身この記事を書いただけで、かなり励みになった気がします。僕も、仕事が思うようにいかない自分に嘆いている内は頑張ろうかなと思います。ただ、明らかに環境が悪かったり自分ではどうしようも出来ない時は逃げることも視野に入れるでしょう。
「大学生から社会人になったら疲れるのは当たり前だから」と笑い話に出来るようにお互いに今を乗り越えましょう!

最後に、1曲目に紹介した「START」が収録されているアルバム「FUN-FARE」に「BFF」という曲があります。その「BFF」に合わせて踊る持田さんが個人的に好きなので紹介して終わります。
ではまた!

仕事に疲れた新卒社会人にオススメしたい名曲7選
最新情報をチェックしよう!